TOP画像

海外就職 求人ガイド@高収入・高待遇ならコレ!

海外で働く日本人の数がここ数年増えており、外務省統計によると海外への長期滞在者は1年間で2万4千人増加している。そのほとんどが日本企業勤めの海外赴任か、外資系企業の現地採用となっている。

当サイトでは海外就職における準備~求人探し~直前までの流れについて整理し、どのように進めていけば良いか分かるようになっているので是非参考にして欲しい。

海外就職・求人探しことはじめ

海外での働き方には大きくわけて2種類あると言って良い。

1.日本で雇われて海外へ赴任するパターン
2.海外で直接雇われるパターン(現地採用)

それぞれ待遇や責任、メリット・デメリットなど大きく異なるので初心者の方は確認しておいたほうが良い。まず何よりも最初に自分の価値観に合わせてこの2つから選択してみて欲しい。


海外就職の求人の探し方

次に、 前章で紹介した働き方のパターンでどの企業に就職するかが異なってくる。当サイトでは生活の安定と手当の豊富さなどから1のほうをお勧めしたい。

  • 1の場合
  • 人材紹介会社に登録しておいて求人情報を提案してもらうのが近道となる。特に海外勤務の求人案件は企業側がシークレット設定にしている事がほとんどで、人材紹介会社のエージェントにいい人の紹介を依頼しているからだ。

    海外勤務の求人案件を扱っている人材紹介会社は多数あるが、やはりリクルートエージェント社のコンサルティング能力と、豊富な求人数は活用したい。≫リクルートエージェント無料相談登録はこちら

  • 2の場合
  • 現地採用を狙う場合は海外にも支店があるJAC-Recruitmentのサイトを使うのがお勧めだ。外資系企業とのパイプも太いのもメリットが高い。JAC-Recruitment無料相談登録はこちら



就職までの流れ(渡航前準備)

人材紹介会社に登録したらいくつかの求人を提案してもらう事ができる。その後は応募したい会社との採用手続きを依頼していく。当然のことだが応募書類の準備、面接(場合によっては2次、3次)を経て内定となる。

海外勤務となった場合は就労ビザの取得が必須。これは企業が代理申請してくれるので書類を用意するのみだろう。

他にも海外で使えるクレジットカードの準備、海外で使える格安電話アプリについて確認してほしい。



このページの先頭へ