TOP画像

日本人の海外での働き方2パターン

日本人が海外で働くには主に2パターンある。これから就職して海外勤務を考えている方はどちらのパターンが良いかチェックしてみて欲しい。

1.日本で雇われて海外へ赴任するパターン
2.海外で雇われて移住するパターン(現地採用)


日本で雇われて海外へ赴任するパターン

これは日本に居ながら就職活動が出来る。海外に進出している日本企業の「海外赴任の求人」を探して就職するのがこちら。

いったん日本で就職し、早ければそのまま海外赴任、遅くても日本勤務で準備をした後に海外赴任になるケースがほとんど。

日本で求人を探した場合は殆どこのケース。

特徴は会社指示に基づく赴任扱いになるので「海外での現地居宅」「海外赴任手当」「教育費」「家族の手当」が支給され、かなり待遇の良い環境でビジネスができる。

主に企業の海外進出のお手伝い事業や、現地法人営業、現地人への技術継承などこれまで日本企業が海外進出時にとってきたスタイル。業種も近年だと 製造業、商社、IT系、化学が豊富。現地に既に入っている日本人コミュニティで生活していく形。

メリットはやはり会社手当と待遇の良さ、任務完了で日本に帰還して、というサイクルで経験が積めることだろう。

海外で雇われて移住するパターン(現地採用)

こちらは現地採用ということで、ほとんどが現地で何社かの企業に面接をしてもらって直接そこの企業に雇用されるケース。

特徴は全て自己責任で移住して会社と雇用関係を結ぶという事だろう。従って移住に伴う手当は出るはずもなくその企業の給与体系で支払われるのみだ。

メリットは自由さが挙げられる。海外で気ままに雇われて、気が向いたらまた転職して、あるいは出世を目標に上を目指したい人に向いている。日本人との交流も殆ど無く現地の人間として生活していく。

業種としては日本人ならではの強みが欲しいところ。対日系企業相手の商売を抱えている企業や、日本人観光客や現地人相手のビジネスを展開している企業、語学学校、料理店など。

これはどちらが良いかという事ではなくあなた自身がどこを目指すかという事だ。この最初の方向性を間違えないで海外就職の求人を探して欲しい。

このページの先頭へ